ジスロマック

ダイエットの基礎知識はOffice-Bから

☆最新記事をメールでお知らせ☆ 左メニューから登録できます

運動を頑張った後のご褒美で太る 気持ちの油断に注意

 

あなたは生活サイクルの中に健康やダイエットのための運動を取り入れていますか?

 

週2〜3回のスポーツジムやランニングは、あなたのカラダにとってすごくプラスな習慣^^

 

ただ注意してもらいたいのは運動したことでの油断

 

この油断があると
運動しているのに痩せないという残念な事になってしまいます。

 

今回は、運動と食事のバランスについてお話します^^


 

 

 

体重が減る基本的な考え方

運動を頑張って体重を減らすには、

飲食による摂取エネルギーより、
基礎代謝や運動などの消費エネルギーを多くする

これが基本です。

 

消費エネルギーより摂取エネルギーの方が多いと、当然余ったエネルギーが体脂肪として溜め込まれます。

 

あなたがコンスタントに痩せていくためには常に食べた量以上に燃やさなければなりません


 

 

 

運動しているのに痩せないのは、頑張ったご褒美が原因

ダイエットのために少しでも運動を続けることは、僕自身とっても良い事だと思います^^

 

しかしここで厄介な問題になるのが
運動をすればお腹が空く
ということ!

 

運動で500キロカロリー消費しても、500キロカロリー多く食べてしまえばプラマイゼロ。運動は無かったことになってしまいます。

 

これだけで済めば現状維持の状態なので痩せるワケでも太るワケでもなく・・・という感じですが、現実はここに「油断」が入り込みます!

 

 

例えば・・・

“これだけ運動したんだから、少し食べ過ぎても大丈夫!”

みたいな何の根拠か分かんないような自信!(笑)

 

“頑張ったから自分にご褒美♪”

というあなたを甘やかす魔法の言葉!(笑)

 

 


 

 

運動を頑張ったご褒美にいつもは我慢している
「ファストフード店で晩ごはん!」としましょう。

 

スカッとさわやか炭酸飲料250キロカロリー
てりやきバーガー 500キロカロリー
フライポテト(M) 450キロカロリー・・・

 

あれ?
これだと大幅な摂取カロリーオーバー!?(笑)


 

 

 

 

 

頑張ったご褒美を消費するには120分間のランニングし続けなければならない

ご褒美に食べたこれらのファストフード。
たったこれだけで1200キロカロリーにもなります。

 

一番短時間でカロリーを消費するランニングや水泳で10分間に100キロカロリーを消費します。

 

あなたが運動したご褒美に食べたのは1200キロカロリーなので、120分間頑張り続けないとチャラにはなりません。

 

休み休みではなく“頑張り続ける”んです。
距離にして大体20km。きついですね。

 

 

 

これは完全にご褒美の域を超えているwww

 

 

 

あなたが運動しても痩せない原因の1つは、
「ご褒美のもらい過ぎ」かもしれません^^;


 

 

 

 

運動はあなたのカラダや気持ちにとってすごくプラスに働くメソッドです!

 

あなたの生活に上手く運動を取り入れれば、ダイエットの効果もグングン上がります!

 

ただ、運動するとお腹が空くのも事実だし、その分油断して食べ過ぎてしまうのも事実です(注)

 

せっかく頑張った運動を無駄にしないためにも、そこは冷静に判断して、ハメを外しすぎないよう運動・食事・ご褒美のバランスをとっていきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^


 

疑問、悩みなど気軽にコメントしてください^^

2〜3日中にメールで返信します。

また、感想を頂けると嬉しいです^^

※頂いたコメントは直接メールボックスに届くので

ブログ内に表示されることはありません。

関連ページ

原型のまま食べて脂肪燃焼効率アップ!
普段の食事に意識をおいたことありますか? 食事をすることで消費されるカロリーを高めることが出来るんです!!!今回は、その方法をお話します。
基礎代謝up!90歳を超えても増える筋肉量
ダイエット効率を向上させる基礎代謝。筋肉量が多ければ、普段の生活の中でカロリーをガンガン!!!燃やしてくれます。90歳を超えても筋肉量を増えやす事が出来るメニューを公開していますので是非参考にしてください。
スロージョギングは疲れない
スロージョギングの効果
小さな差で大きな効果
ダイエットの効率を上げる筋肉の話
普段の生活をおくりながら、無駄な体脂肪を燃やせると楽でいいですよね。そのためには、『筋肉』が必要になってきます。ムキムキに鍛える必要はありません。適度に筋肉をつけると、燃焼ボディになりますよ
ダイエットの効率を上げる筋肉の話【脂肪を燃やす筋肉】
ダイエット目的で筋トレ!!!始める前にしっかりチェックしておきたいポイントがあります。鍛える筋肉を間違えてしまうと脂肪が燃えないただのゴリマッチョになってしまうんです。今回は、脂肪を燃やす筋肉についてお話していきます
ダイエットの効率を上げる筋肉の話【有酸素運動編】
燃焼ボディをつくる赤筋を鍛えるメソッド。普段の生活を送りながら、脂肪をどんどん燃やすためには赤筋を鍛える必要があります。毎日コツコツ簡単な負荷の少ない運動で赤筋を鍛えていきましょう
中年太りは避けられない?
お腹周り、二の腕、お尻などにタプタプくっついた脂肪。40代を過ぎたころから体型が崩れる『中年太り』になっていませんか?特別、太るような習慣があるわけでもないのに、なぜか太ってしまう。そこには原因があります。今回は、油断しているとすぐやってくる中年太りのお話をしています
ダイエット効率アップ! 姿勢を正して脂肪を燃やす
姿勢を正すことはダイエット効果があります。自然とインナーマッスルが鍛えられるので、普段通りの生活をしながら脂肪を燃やすことができるんです。あなたが座っているときの姿、歩いているときの姿、鏡でチェックしてみてください。猫背は太って見えますよ
骨盤の歪みを解消して痩せ体質になる方法
骨盤の歪みが原因で下半身が太りやすく、痩せにくい状態になります。骨盤を意識した正しい姿勢を身につけて痩せ体質に改善しましょう。
カラダの歪みを今のまま放っておくとどうなるのか
人のカラダに多少の歪みはつきものですが、ひどい猫背やクセになった脚組みをそのままにしておくと、将来歪みを正したくても直らないなんてことになってしまいます。

Home ダイエットの基本 まとめ リバウンド コラム Mail