ジスロマック

Office-B

☆最新記事をメールでお知らせ☆ 左メニューから登録できます

「ドカ食い」をなかったことに!食べ過ぎた翌日やるべきこと

 

ダイエットを頑張っている最中、突然なにかのスイッチが入ったかのように食欲が抑えられなくなって、目に付く食べ物を片っ端から食べてしまった!

 

ダイエットを頑張って続けている人、特に食事管理に気を遣って頑張っている人の多くが経験する「ドカ食い」。

 

後悔と罪悪感でいっぱいになってしまいますよね。
体重計の前で「乗ろうかな?乗らないでおこうかな?」と悩んでいるあなた。

 

まだ間に合います!!!
翌日からの食生活に気をつければしっかりカバーすることができますよ^^

 

そこで今回は、ドカ食いした分を脂肪として溜め込まないために、食べ過ぎた翌日にやることについてお話します^^


 

 

 

ドカ食いした分がすぐ脂肪に変わるかが心配・・・

せっかく今までダイエットを頑張ってきたのに、ドカ食いで食べ過ぎてしまった分が脂肪となってカラダに残らないか心配ですよね。

 

消費されずに余った栄養・カロリーは脂肪として蓄えられますが、実際は食べてすぐに脂肪になることはありません。

 

しかし!そのあとが肝心
すぐ脂肪に変わることはありませんが、ドカ食い後からの対応がきちんと出来なければ脂肪となって体内に溜め込みます。

 

むくみや老廃物で澱んでくれば、お尻や太ももにセルライトとして残ります。

 

 

 

 

「1回くらい大丈夫でしょ!」と油断はできません。

 

ドカ食いすること自体、食べ過ぎること自体は1回くらい問題ありませんが、その後の対応次第ではその「1回」のせいで今までの頑張りを無駄にしてしまいます。

 

翌日からの対応をしなければ当然痩せずに太るし、最悪の場合、リバウンドってことにもなります。

 

ドカ食いをなかったことにするのも、
今までの頑張りを無駄にするのも、
あなたの翌日の対応次第です。


 

 

 

ドカ食いした後はカロリーを控えた消化の良い食事で胃を休める

ドカ食いで確実にカロリーオーバーしていますよね。
当然、翌日からの食事は摂取カロリーを控えめにします。

 

また、急な食べ過ぎであなたの胃はかなり疲れています。消化の良い食事を摂って胃を休めておきましょう。

 

例えば、

まだ消化の準備が出来ていない朝はフルーツ、
お昼はカロリーを抑えながらしっかり食べて、
夜はあっさりしたお茶漬けなどの軽い食事にする。

 

こんな感じで摂取カロリーを調整していくとカラダへの負担も少なく、スムーズにドカ食いをなかったことにしていけます。


 

 

 

食べ過ぎたからと言って食事を抜くのは逆効果。太ります

「カロリーを抑えてください」というと、極端に食事を抜く人がいますがコレは絶対にやらないでください。

 

逆効果です。太ります。

 

例えば、「ドカ食いしちゃったから、今日は(明日は)何も食べない!」という感じで極端に食事を抜いてしまうと、あなたのカラダは「栄養不足」と勘違いして飢餓スイッチがONになります。

 

すると食べ過ぎて余った栄養・カロリーも消費しないよう働いて全て蓄えてしまいます。

 

 

「ドカ食いしてしまったから食べない!」というのは間違い。

 

さきほどお話したように、消化の良い食事を食べて胃を休めながらカロリーを抑えていくと飢餓スイッチも入らず、無駄に蓄える事もありません。


 

 

 

セルライト予防に余分な水分を絞り出す2つのポイント

ドカ食いで食べ過ぎた後、あなたのカラダは塩分の摂り過ぎでむくみやすくなっています。

 

むくみは醜いセルライトの原因!
キレイに痩せるためにも、むくみ対策は必須ですね。

 


 

 

ポイント1.カリウムが多い食材を食べる

むくみ対策・解消には、水分の代謝を良くする「カリウム」を多く含んだ食材を積極的に摂るようにしましょう。

 

カリウムを多く含む食材は、アボカド、バナナ、無塩トマトジュースなどがあります。

 

朝食にバナナを摂るといいですね^^
胃を休められるし、むくみ対策にもなります。

 

ただし、バナナは比較的カロリーが高いので毎朝1本にしましょう。

 

関連記事


 

 

ポイント2.お水を飲む

むくみ対策でもう一つ大切なポイントはお水をたくさん飲む事。

 

「え?むくんでるのに??」

 

むくみの原因は“塩水”です。
体内の塩分濃度を下げないとむくみは解消されないので、1日2リットルを目標にこまめに水を飲みましょう。

 

関連記事


 

 

 

余分な脂肪と老廃物を追い出す野菜を食べる

野菜の中でも食物繊維を多く含んだ根菜類がオススメ。
食物繊維は余分な脂肪、老廃物をカラダの外に追い出してくれます!

 

腸内のお掃除もしてくれて美肌効果UP!イェイ ^^v


 

 

 

青魚を食べて脂肪燃焼を促進

ドカ食いした後とはいえ、お昼ご飯をしっかり食べておかないと日中の活動に悪影響が出てしまいます。

 

オススメはサンマやアジなどの青魚。
青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は脂肪の燃焼を促進し、体脂肪を燃やすという嬉しい効果があります。


 

 

 

軽い有酸素運動で代謝を促進

食事での対応と一緒に軽い有酸素運動ができればバッチリです。

 

  • 近所を軽くウォーキング
  • 1駅分歩いて通勤
  • エスカレーターではなく階段をつかう

などで、いつもよりカラダを動かして代謝を促進しましょう。


 

 

 

ドカ食いで食べ過ぎた翌日の対応以上に大切なこと

今までお話した翌日からの対応をやればドカ食いした分はカバーできます。

 

ですが、「だからドカ食いしてもOK!」ではありません。

 

これらはあくまで応急処置。

 

痩せる事、太らない事、病気を防ぐ事を考えるならば、やっぱり普段の食事で毎食しっかり栄養を摂って、カロリーコントロールをすることが大切です。

 

例えば、普段から「高カロリーな食事」を食べていたりインスタント、レトルト、電子レンジでチンした食べ物などの「栄養のない食事」を続けていれば

 

あなたがドカ食いをしてもしなくても、食べ過ぎても過ぎなくても、痩せることは難しくなって、太りやすいカラダになります。

 

当たり前のことです。

 

 

ダイエット中にドカ食いしてしまうことは誰にだってありえることです。

 

それだけ日頃ダイエットを頑張っている証拠でもありますね^^

 

だからこそドカ食いしてしまった翌日からは計画的に賢くカラダのメンテナンスをしていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^


 

疑問、悩みなど気軽にコメントしてください^^

2〜3日中にメールで返信します。

また、感想を頂けると嬉しいです^^

※頂いたコメントは直接メールボックスに届くので

ブログ内に表示されることはありません。

関連ページ

食べ過ぎを“なかったこと”にしてくれるスーパー食材
ダイエット中なのに飲み会やバーベキューでついつい食べ過ぎてしまって後悔。でも落ち込むことはありませんよ。食べ過ぎた分をちゃっかりなかった事にしてしまいましょう!!
ダイエットは18時間と3日で調節
ダイエットに真剣に取り組むことはとても素晴らしいことです。しかし、その真剣さがストレスとなり、ダイエットを止めてしまう方も多いようです。ゆったりとした気持ちでダイエット続けませんか?
ダイエット中の食べ放題!太らない食べ方ポイント
ダイエット中であっても行きたくなる食べ放題。自分一人なら「意思」の問題で片付きますが、付き合いや、断れないお誘いならどうしようもありませんよね。今回は、食べ放題でも太りにくくする方法についてかいていきます
ダイエット中の食べ放題 食べ過ぎたあとの対処が肝心!!
食べ放題でついつい食べ過ぎてしまった後、後悔しきりでハードな運動や極端な食事制限をしていませんか?今回は、食べ過ぎたあとの対処についてまとめました。ハードな運動も極端な食事制限も必要ありませんよ^^
ダイエット中の食べ放題 食べ過ぎた翌日からの対処-朝食-
つい食べ過ぎてしまう食べ放題!ダイエット中ということを忘れてしまいますよね。今回は、食べ過ぎた分を体に溜め込まないための具体的な方法をお話します。もし、食べ過ぎてしまった!!と思ったらすぐに実践してください
ダイエット中の食べ放題 食べ過ぎた翌日からの対処-昼・夕食-
調子に乗って食べ過ぎてしまった・・・。ちょっと反省したあとは3日間かけてコンディションを調整していきましょう。今回は、食べ過ぎた翌日のお昼以降の食事についてまとめました。
ダイエット中の食べ放題 食べ過ぎた翌日からの対処-睡眠-
ダイエット中なのに食べ放題でおなかいっぱい食べてしまった。こいつをリセットするには、しっかり眠ることがとても大切です。普段の睡眠の質を見つめなおす良い機会になるかもしれませんね。今回は、ダイエットに効果的な睡眠の方法について書いていきます

Home ダイエットの基本 まとめ リバウンド コラム Mail