ジスロマック

ダイエットの基礎知識はOffice-Bから

☆最新記事をメールでお知らせ☆ 左メニューから登録できます

体に良い油と悪い油 【基礎編】

 

あなたは料理をするときに使う
にこだわっていますか?!

 

ひと口に『油』と言っても
たくさんの種類がありますよね!

 

幸いなことに日本ではあなたの求める『油』が
自由自在に手に入る状況にあります。

 

この『油』はあなたの健康ダイエット
とーっても強く影響しているんです!

 

 

今回からはあなたが選ぶべき
しっかりと理解してもらうお話です^^


 

 

 

現代人は脂質の摂り過ぎ

三大栄養素タンパク質脂質炭水化物
この中で『油』脂質のカテゴリーに入ります。

 

炭水化物を摂り過ぎると「おデブになる」のですが
脂質も摂り過ぎには注意したい栄養素です!

 

 

実は昔の日本人と現代人を比べて
塩分と糖分の摂取量はそんなに変わってないんです。

 

変わったのは『脂質』の摂取量
これだけが極端に摂り過ぎるようになりました ××
(和食と洋食を比べれば一目瞭然ですよね)

 

 

毎日、和食ばっかり食べている日本人は稀で
やっぱり洋食(横文字の料理)を食べる
頻度って、けっこう高いんじゃないですか?

 

どうしても脂質の摂取量は
自然と高くなってしまうんです。

 

 

 


 

脂質をすべてカットしてしまうのは、
身体に良くないし危険な行為ですが
それは実際には超レアケース^^

 

脂質の摂り過ぎはダイレクトに
あなたの体脂肪として取り込まれるので
くれぐれも注意しておいてくださいね!


 

 

 

脂質カットは美容の大敵!! 身体への影響

ひと口に『油』とか『脂質』とか言いますが
実際にはたくさんの種類があって
身体に良い脂質や身体に悪い脂質があります!!

 

しかし、あくまでバランスの問題。

 

『良い』『悪い』はさておき、
脂質をカットしすぎると、あなたの身体の
いろんなところに影響が出てきます。

 

 

まずはあなたの身体を創っている細胞
その周りを取り巻いている細胞膜も
脂質で創られています。

 

 


美容への影響

肌の乾燥を招き、カピカピした砂漠肌に ××
髪の毛は痛み、パサついたり、静電気が
バチバチ起きたりします。

 


 

ホルモンへの影響

あなたの身体にとってスゴク重要なホルモンも
脂質を材料として創られています。

 

体脂肪を燃やしてくれるホルモン
あなたの体内で不足したり上手く働かなかったり
した場合は当然“おデブになる!”わけですね^^!

 

 

カットしすぎるとこのような影響がでますが、
反対に摂り過ぎはおデブの元。

 

しかも、悪い油の摂り過ぎは病気の元!! ××

 


 

 

 

 

今回は『油』や『脂質』の全体像についてお話しましたが、
次回から具体的な油の種類や、気を付けておきたい
ポイントについてお話していきたいと思います。

 

続きはこちら↓
体にいい油と悪い油 【太りやすい油】

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 


 

疑問、悩みなど気軽にコメントしてください^^

2〜3日中にメールで返信します。

また、感想を頂けると嬉しいです^^

※頂いたコメントは直接メールボックスに届くので

ブログ内に表示されることはありません。

関連ページ

体にいい油と悪い油 【太りやすい油】
普段使っている油。身体にいいものを使っていますか?ダイエットの妨げになる油や、健康な身体創りに有効な油を紹介していきます
体にいい油と悪い油 【脂を排除しよう】
みんな大好きなキツネ色食品に多く含まれている飽和脂肪酸。この飽和脂肪酸を排除する努力をするだけで、あなたやあなたの家族の健康を守ることが出来ます。ダイエット中であればなおさら気を付けておきたいポイントです
体にいい油と悪い油 【トランス脂肪酸1】
ガンの要因とも言われいるトランス脂肪酸。妊娠率の低下や、糖尿病などの病気にまで影響しています。健康被害が懸念されているトランス脂肪酸とは一体何なのか。今回はトランス脂肪酸についてまとめてみました。
体にいい油と悪い油 【トランス脂肪酸2】
異物混入で話題になったマクドナルド。ビニール片が入っていたと騒いでいましたが、そんなことはどうだっていいんです。それより議論すべきはトランス脂肪酸のほうでは?

Home ダイエットの基本 まとめ リバウンド コラム Mail